ご来訪いただき、ありがとうございます。
   コメント&トラックバックは受け付けない設定に変更しました。ご了承くださいませ。


2014年04月01日

OLYMPUS PENシリーズで桜を綺麗に撮る方法

このところの暖かさで桜も見頃を迎えています(^^)
せっかくだから写真をと撮ってみても、うまく撮れない…ってことももうやだ〜(悲しい顔)
そこで僭越ではございますが、OLYMPUS PENシリーズで桜を綺麗に撮る方法を
ちょこっとだけお話ししたいと思います。

モードダイヤル・iAUTO
普段は「iAUTO」という、すべてをカメラが自動で設定するモードで撮ることが
多いかと思います。

でも、この「iAUTO」モードで桜を撮ると…
iAUTOモード
順光で撮ってもどうしても暗くなってしまいがちです。
原因は桜の花が白っぽくて、光をよく反射するから。
そこにピントを合わせると、カメラはその場所を測光して「明るい」と判断して
しまいます。そして暗めに撮るよう自動で設定するのです。

そこで…ちょっと設定に工夫をしてみましょうわーい(嬉しい顔)
まず「P」・「A」・「S」・「M」のどれかにモードダイヤルを合わせます。
(今回は「A」の絞り優先モードを使い、絞り(F)値を5.4にしました)
ライブコントロールを表示
次に「MENU」ボタンを押し、ライブコントロール(撮影メニュー)を表示します。

上下ボタンを押して「仕上がり」を選択します。
「2 VIVID」を選択
その中から「2 VIVID」を選択します。「2 VIVID」は色が鮮やかに写るモードです。

次に明るさ(露出)を調整します。
十字ボタンの上を押す
十字ボタンの上を押して、補正画面にします。

十字ボタンの左右で明るさを設定します。
十字ボタンの左右で設定。今回は+1.0に。
今回は明るく設定するので、右ボタンで+(プラス)補正…+1.0にしました。

この設定で同じように桜を撮ると…
Aモード
こんな感じで撮れました。
先ほどの「iAUTO」モードで撮ったものよりも色が綺麗に…。
難しいかな…と思ってしまう設定ですが、ほんのちょっと変えるだけでもずいぶん
違う写真になりますねわーい(嬉しい顔)

今回は桜を撮りましたが、梅などの淡い色のお花を撮るときにこの設定にすると
綺麗に撮れると思います。

【使用機種・その他の設定など…】

  ●カメラ:OLYMPUS PEN Lite E-PL1
  ●使用レンズ:ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm(35mm判換算80-300mm相当)
         フォーサーズアダプター MMF-2使用
  ●撮影感度(ISO):オート
  ●ホワイトバランス:オート



先ほどの設定以外にもちょこっと…

モードダイヤル・ARTモード
モードダイヤルを「ART」に合わせ、アートフィルターを使います。

「1 ポップアート」を選択
「1 ポップアート」を選択します。
(明るさ(露出)を+(プラス)に補正しておくのを忘れないでくださいね)

この設定で撮った写真がこちらです。
ARTモード・ポップアート
よりピンク色が強調された写真が撮れました。

桜のお花じたいをよりグラフィカルに撮りたいな…ってときは
モードダイヤル・SCNモード
モードダイヤルを「SCN」に合わせ、シーンモードにします。

「12 マクロ」に設定
「12 マクロ」に設定します。

撮ってみると…
SCNモード・マクロ
こんな感じになりました(^^)
これ、マクロレンズが無くてもマクロ撮影ができる設定なんですよ。

以上、おまけでした(*^^*)
posted by くり坊 at 21:07| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。